1. ホーム
  2. バックナンバー
  3. 2016年3月16日放送

お口の中をキレイにしましょう!

今回は歯科医師らしく、「お口の中をキレイにしましょう!」というお話です。

食後30分は歯磨きをしないほうがいいと聞いてビックリしているイラスト

2011年にアメリカの歯科団体が、食後30分を経過してから歯磨きしたほうがよいと発表し、これまでの歯磨きの常識を覆すということで、一時期話題になりました。

なぜなら、食後すぐに歯を磨いてしまうと、歯の表面のエナメル質を傷つけてしまうというからです

幼い頃は、ご飯を食べたらすぐ歯磨き!と教わってきましたから、この発表には驚きますよね。ただ、この話には多くの方が陥りやすい落とし穴があります。

いつ歯磨きをすると、虫歯予防に効果的か・・・

食事をすると、口の中は酸性の状態になります。簡単に言うと、歯を溶かしやすい状態だと言えます。そこにアルカリ性の唾液が分泌されることで中和させ、歯を溶かさない状態に戻してくれます。これを「再石灰化」といいます。

ところが、食後の酸性になった口の中が、歯を溶かさない状態に戻るには30分かかると言われており、その30分の間に歯磨きをすると、歯を削ってしまうというのがアメリカの歯科団体の主張でした。

虫歯菌パラダイスのイメージイラスト

実は、ここが落とし穴の入り口。

歯と歯の間に食べカスが残っていたり、前の歯磨きで取り除けなかった歯垢が残っていたりすると、そこは虫歯菌のパラダイス!いくら唾液が口内の中和を促しても、歯垢や食べカスが邪魔をして歯に唾液がとどきません。ですから、食後放っておくと食べカスが残った状態になり、歯磨きまで30分の時間空けても意味がないということです。

食べカスや歯垢が唾液を邪魔を邪魔するイメージイラスト

さらに、歯垢を歯ブラシで確実に取り除くのは非常に大変なので、歯垢になりきらないうちに除去することをおすすめします。そもそも、虫歯は歯垢が長期間停滞した場所に発生します。被せものや詰め物がある場合、よりいっそう歯垢を除去しづらくなるので、食べカスのうちに取り除く必要があるという訳です。

食べカスを効果的に取り除く方法

では、食べカスを取り除くために何をすれば良いのか?
キシリトールガムを食べるのも良いのですが、食後にお茶を飲む習慣はありますか?食後にお茶を飲むと、歯と歯の間にはさまった食べカスや、歯の溝に詰まったカスをお茶が取り除いてくれます。すると歯の表面に唾液が触れやすくなるので、再石灰化がおきやすくなります。水よりはお湯の方が取れやすいですよ。

しかし、一度出来た歯垢はお茶を飲むだけでは取り除けませんから注意して下さい。

以前「食事中はお茶を飲まないこと!」と話しましたが、食後はお茶を飲むことがとっても有効です。それと、重曹でうがいもおすすめですよ。

虫歯予防に「重曹うがい」がおすすめ!

重曹うがいをする人のイメージイラスト

重曹は唾液と同じアルカリ性なので、口の中の酸性の臭いを中和します。ですから、虫歯の予防になるばかりか、虫歯の進行を遅らせ、虫歯の治癒の助けにもなるという報告もあります。さらに、重曹うがいは口臭予防にも効果を発揮します

虫歯予防と言えば、フッ素を用いたものが一般的かと思います。確かにフッ素による虫歯の予防も有効ですが、フッ素は殺鼠剤の主原料でもありますから、フッ素による虫歯予防に抵抗を感じる方などは、「重曹うがい」がおすすめです。 重曹は、スーパーでも売っていますから手に入れやすく、食品添加物ですので口の中に入れても安心ですよ。

重曹うがい用の液(重曹水)の作り方

食用重曹と水とペットボトル <準備するもの>
  • ペットボトル 1本
  • 水 500ml
  • 食用重曹 2~3g※
<作り方>

ペットボトルに500mlの水を注ぎ、3g程度の食用重曹を入れ、蓋をしてシェイクするだけ!
※重曹の濃度が高いと、口の粘膜に悪影響を及ぼす可能性もあるので、入れすぎにはご注意ください。

重曹うがいの正しいやり方

  • 重曹水を口に含み、30秒ほどブクブクとよくゆすぎます。
  • 食事後早いうちに行うことで、口内が酸性の状態である時間が短くなるので、虫歯予防には効果的です
  • 重曹うがいは毎食後1回。一日3回が目安です。

食後できるだけ早く重曹うがいを行って、大きな食べカスを取り除き、30分後に歯磨きをすれば、虫歯予防の効果は絶大です!簡単なケアですので、ぜひお試しください。


2016年3月16日放送