1. ホーム
  2. バックナンバー
  3. 2016年10月19日放送

小さいお子様の歯みがきについて

今回は、小さいお子様に合った歯ブラシと仕上げ磨きについて、お話ししようと思います。ここで言う小さいお子様とは、乳歯が生えはじめてから、生えそろうまでのお子様くらいでしょうか。

小さいお子様には歯みがきが嫌いな子いますよね。患者さんの中にも、「子供が歯ブラシを嫌がるんです。どうしたらいいですか?」という相談をよく受けます。他にも「最初は嫌がらずに歯みがきさせてくれたのに、最近すごく嫌がる。」という方もいらっしゃいます。

歯みがきを嫌がる子供のイラスト

これは歯磨きの仕方にも問題があるのかもしれませんが、実は歯ブラシの特性や特徴を知らないで選んでしまった結果が、原因になることもあります。

子供用歯ブラシの選び方

「子供用の歯ブラシなら、なんでもいいんじゃない?」と思っていませんか?

子供の歯ブラシは小さいものがいいように思われがちですが、 小さいブラシだと歯や歯肉にかかる力が一点集中しやすく、お子様が痛がって嫌がる傾向にあります

お母さんやお父さんが、わが子を虫歯にしたくないと願いを込めて、一生懸命磨いてしまうと、特に上の前歯を磨く時に歯と歯肉もろとも磨いてしまい、痛がらせてしまうようです。

親は子供のためなら必至になってしまうので仕方ないですが、そんな時は、幅広で毛足の柔らかいい、「たわし」みたいな歯ブラシを使用してみてください。

お子様におすすめのたわしのような歯ブラシ

虫歯予防を中心にしている歯医者さんで、特に小児の歯ブラシに関心のある歯医者さんは、この「たわし」みたいな歯ブラシを勧めてくれます。幅が広いことで一箇所に力がかかることを避けられ、毛の一本一本がたわまずにしっかり汚れをかき出すことができます。この歯ブラシなら、お子様も痛がらないはずです。もちろん汚れもちゃんと落ちます。

歯みがきの仕方にも注意!

しかし!いくらこの歯ブラシを使ったからといって、「ゴシゴシ」磨かないでください!ゴシゴシ磨くと汚れが落ちそうですが、ブラシの毛がたわんで清掃効率が下がります。

歯ブラシをゴシゴシ使っているのと、シャカシャカと使っているイメージイラスト

大人でも勘違いされている方が多いのですが、歯の面に対して、毛先が垂直にあたるように磨くのがベストです。シャカシャカって感じですね。

歯ブラシの交換時期

それから歯ブラシは、毛先が開いていると交換時期だというのは、ご存知だと思いますが、実は1ヵ月くらいでコシがなくなり、清掃効率が下がります。この効率が下がった歯ブラシをお子様に使うと、悪くなった分時間をかけて磨くことになり、さらに嫌がる原因となります。

歯ブラシは「痛くない」と思わせることが大切

毎日のことなので、効率よく確実に綺麗になった方が、お母さんにも、お子様にもストレスがないですよね?「歯ブラシは痛いからイヤっ!」と思わせないようにすることが大切なのです。

歯みがきする子のイメージ画像

すでに、歯ブラシを嫌がってしまったお子様には、歯ブラシを口に入れても痛くないということを認識してもらうことが大切で、さきほどご紹介したたわしのような歯ブラシがおすすめなのです。まずは「気持ちいい~」と思うように、シャカシャカっとブラッシングしてあげてください。

歯ブラシ選びも磨き方も、分からないことがありましたら、歯医者さんに相談してみてください。

2016年10月19日放送