1. ホーム
  2. バックナンバー
  3. 2017年12月20日放送

健康の先の幸せになる方法

今まで、「噛むと健康になるっ!」ということで、色々な視点からお伝えしてきました。健康になるためならなんだっていいんですが、噛むことも健康になるための重要な1ピースなので、ちゃんと噛んでくださいね!今回は「健康について」のお話をしようと思います。

健康について考えてみましょう。

考える女性のイメージ

あなたは、「健康でいたい」もしくは、「健康になりたい」と思うことありますか?「健康のためなら死んでもいい。」なんて行き過ぎた発言を聞いたこともありますが、健康になることは人生の終着点でしょうか?順を追って一緒に考えてみましょう。

人生の終着点は健康なのか?イメージ

美味しいものを食べたり、楽しく遊んだりと、「健康」は、よりよく暮らすため、よりよく生きていくための要素やツールの中の一つとして捉えられることが多いです。しかし、「健康とはコレだ〜!!」的な言い方はなかなかできないですね。それは、健康観、健康感という文字からもわかるように、健康の見方や感じ方は、人それぞれ。人の生き方も様々ですから、健康についても様々なんですね!

では、どんな状態が健康だと思いますか?病気ではないとかケガをしていないとか、様々あると思います。では、健康だったらどうですか?どう感じますか?好きなものが食べられる。自分の行きたいところへ出かけられるなどありますが、健康なことは幸せだと思いませんか?

健康で幸せそうな家族のイメージ

冒頭で触れた、「健康になることは人生の終着点ですか?」という質問を思い出してください。健康になることは人生の終着点でしたか?違いますよね。健康になることは人生の終着点ではなく、健康の先には「幸せ」がありましたね。

人生の終着点は健康ではなく、その先に幸せがあった!イメージ

今現在、自分のことを健康だと感じられなくても、「幸せ」になりたいとか「幸せだったらいいな〜」と少しでも感じたなら、「健康」を意識するという意味でも捉えることができます。「健康とは幸せへの歩み」なんて言い方もいいでしょう。


健康(=幸せ)になるために・・・

そこで、健康へ歩もうとしている人が健康へ歩めるよう、健康になれるサポートしたり、環境を整えることが大切になります。

歯科医師と患者が握手をするイメージ

歯医者も健康になるためのサポートを行っています。例えば、患者さんが痛がる歯を治療したり、失ってしまった歯の代わりに入れ歯を作る。更には、大切な永久歯を虫歯にならないようにしたりとか、歯周病・歯槽膿漏にならないよう管理・指導したりとか、顎の不調を訴えるのなら調整を行う器具を入れたり、歯並び、歯の色、歯の形などが気になるなら、その部分の処置を行うなどなど。

これらのような問題を、患者一人で解決するのはとても難しいですから、サポートが必要なのです。さらに、サポートする内容はひとつではなく、時代の流れやその人のステージ、置かれている環境や状況で少しづつ内容が変化していくなど、多岐にわたります。

多くの歯科医師たちは患者さんに対して、助言・指導・治療などの様々なサポートを行い、患者さんに寄り添います。

まとめ

「全ての源は歯から始まる」からこの番組が始まるよう、噛むことをきっかけに、あなたも「健康の先の幸せになる方法」を探索してみるというのはどうでしょうか?

繰り返しになりますが最後に、噛むことは「健康」その先の幸せへの歩みの第一歩目です。是非お近くの歯医者さんへ!


2017年12月20日放送