DJ光邦と司法書士のスマイル法you★

第2・4水曜日 17:25~ONAIR
DJ光邦と司法書士のスマイル法you★FMヨコハマ84.7第2・第4水曜日17:25~放送中

近所に空き家があって、困っています。

空き家のイメージイラストMさん宅の近所に、一人暮らしだったおばあさんが3年前に亡くなり、その後は誰も住んでいないお化け屋敷とも、ゴミ屋敷とも分からないような空き家があります。

今ではたくさんの猫が住み着いてしまい、ねずみや、ゴキブリなど虫も多く見かけます。そんな状態ですから、周囲には気になるほどの臭いが漂っていることも・・・。

こんな状態が続くのは困るので、なんとかしたいのですが、誰に相談すれば良いのかもわかりません。

司法書士ユーキくんからアドバイス

高齢化社会が進む今、高齢者がお持ちの家が、将来空き家となる可能性が非常に高く、「空家予備軍」と言われています。それ故、空き家は現在でも増え続けており、全国820万戸にも上っています。さらに、空き家が引き起こす危険が社会問題になっているのです。

空き家が引き起こす問題の一例

  • 火災・地震・台風等で、近隣の住宅や住民が被害を受ける(防火・防災面)
  • 泥棒や変質者が身を潜めやすくなり、危険(防犯面)
  • 害獣などが住み着き、糞尿で汚染され、臭い(衛生・環境面)
  • 環境や景観が悪化し、近隣住宅の価値が下がる(資産価値の面) など
空き家が引き起こす問題の一例イラスト。防火、防災、防犯、衛生環境

以上のことから国は、今年の5月に「空き家対策特別措置法」(空き家等対策の推進に関する特別措置法)を施行しました。「空き家対策特別措置法」とは、例えば、倒壊の危険がある空き家があった場合、持主(相続人)に指導、助言、勧告・命令・行政代執行という段階的な手段で対応することが可能になり、命令の猶予期限を過ぎても改善ができないと、強制的に取り壊すこともできるようになりました。

そこで、ユーキくんイラスト日本司法書士会連合会では今年の8月に「全国空家問題110番」という電話相談を1日開催ました。その結果、370件もの相談がよせられ、困っている方が非常に多いというのがよく分かりました。

空き家になる原因には、相続で揉めている場合や身寄りがないということがあります。そこで司法書士は、相続で揉めたり、身寄りがないことで空き家を発生させないよう、遺言や成年後見等で高齢者や相続人と関与したり、行政と連携し、事前に空家を予防することにも取り組んでいます。

近隣の空家でお困りの方、また被害等があればご相談下さい。さらに、空き家をお持ちの方もぜひ司法書士にご相談下さい!

▲ページのトップへ戻る